デスペラード隊(http://desperadosquadron.blog91.fc2.com/)の続き(´ω`)引き続き早苗さんの痛車とかねんどろいどとかサブカル的な。稀にミリ系とか日常生活を少々
■再度屋外に出て展示機材の撮影ですね~。
2022芦屋基地航空祭040
■コッチにケツを向けてるのは輸送ヘリのCH-47チヌークですね~。機内に入れるかな~って思ったんですが、残念ながら機内には入れませんでしたが、機内を見ることができました。
2022芦屋基地航空祭041
■兵員輸送が主ですが、機内に小型トラック程度でしたら積めそうですね~。ただ、それ以上に大きなのは機外に吊り下げての運用になりそうです。
2022芦屋基地航空祭043
■ズームするとギリ計器盤まで見えますが、カメラの限界:( ;´꒳`;):
2022芦屋基地航空祭039
■これまで見たヘリコプターとは違い、このCH-47に関してはメインローターが2つあります。そしてそのローターが前後で逆に回ることによってトルクを打ち消すので、テールローターは有りませんね~。
■それと、このヘリコプターを取り上げる度に書くんですけど、今回は前後逆に置いてあるので見せられないんですが、前のローターの位置が、丁度大人の首の位置なんですよね~。大体170~180cmの位置を回ることになります。そしてこのヘリコプターは、災害時には高確率で住民の輸送や物資搬送などで飛ぶことになり、一般人とも接する機会も多くなります。そして何も知らない一般人がこのヘリコプターの前に回ると、まぁ想像に難くない事が起こりますね~。幸いそういった事故は起こっていないとのことですが、とにかくこのヘリコプターの前ローターが人間の大人の頭の位置で回っているのでとても危険であるということです。気をつけましょう。コレはおいらが航空祭でこのヘリコプターが来る度に書いておりますね~。
■なお、この機体の開発は1960年代前半でありながら、未だに生産が続いているヘリコプターですし、自衛隊に関しても最新型が納入されております。航空自衛隊にはわずかですが、陸上自衛隊には結構配備されている模様です。
■チヌークという愛称ですが、これは元の米軍のヘリコプターの愛称にネイティブ・アメリカンの族名を採用しているというのがあります。先述のブラック・ホークにしてもネイティブ・アメリカンのある族の酋長の名前らしいですし、アパッチ族は特に著名だと思います。例外はAH-1コブラかな~。
■では次回もヘリコプター。本当はこの記事でまとめる予定だったんですが、思いの外長くなってしまいました:( ;´꒳`;):
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:航空自衛隊 - ジャンル:写真

【2022/09/25 05:18】 | 航空自衛隊
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可